スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー

tower1
70D+EF24-70 F4L F4





東京の、いえ日本の顔だった東京タワー

スカイツリーの完成以降、その存在が忘れられがちでしたが、

本日、何十年ぶりかにいってきました。



大展望台(150m)と特別展望台(250m)あわせて1420円です。

平日なのでさすがに人は少なく空いていました。

ほとんどがご年配のご夫婦、修学旅行生と外国の方でしたね。



さて、エレベーターでエレベーターガールの案内を聞きながら昇って行ったのですが、

外国の方が多いのだから、せめて英語でガイドすればいいのに…って思いました。

そして大展望台につきました。

スカイツリーはエレベーターを降りた瞬間から、その展望台の広さや高さが一瞬で

目に飛び込んできましたが、ここは…普通にビルの一室から外を見てるような…w




tower2.jpg
大展望台からお台場方面を望む
EF 24-70 F4L


ね、高さが感じられないでしょ?


tower3
特別展望台からお台場方面を望む
EF 24-70 F4L



曇りじゃないのに黄砂の影響か、全体的に霞んでいて色が出ませんね。
あと、ガラス越しなので、もしかしたら紫外線をカットするような加工が
施されているかもしれません。



ここでちょっと試してみました。




tower24
EF24-70 F4L 24mmにて撮影



tower18
EF-S 18-135 f3.5-5.6 18mmにて撮影


同じ位置に立ってNTTドコモビルに焦点を合わせてます。

当然、18mmは窓枠まで写ってますが24mmだと少し物足りない気がします。



tower70
EF 24-70 F4L 70mmにて撮影



tower135
EF-S 18-135 F3.5-5.6 135mmで撮影



同じくNTTドコモビルを撮影しています。

4枚ともF値は8です

画角的にはやはり18-135の使い勝手の良さが目を引きます。

画質的には24-70…といいたいところですが、このような中途半端な天候だと、

どちらで撮っても大した差は感じられません。腕が大したことないこともありますが…



冬の抜けるような青空の下や、鮮やかな花や緑の風景の下ではもしかしたら

違うのかもしれません。

初心者の方にはやはり、私は18-135やタムロンの16-300といった、使い勝手のいい

レンズをお勧めします。




値段相応の働きは、なかなか腕が伴わないと私みたいに違いが感じられない絵に

なってしまいますよ、っていう教訓でした。




もちろん、CanonのLレンズはそれだけでカッコいいですし、所有感が満たされます。

私は服装同様、機能も大事ですがファッション性もかなり重視しますから、やはりLレンズの

魅力には勝てません。

広角の純正が欲しいと思う今日この頃でしたw
スポンサーサイト

家族のこと…

にんざぶろう一家は5人(匹)家族です。

私、奥様、娘7歳、娘6歳、ラグドール(♀)1歳

正式には2013年10月10日、正式に家族になりました。

そうです。私たちは再婚で、娘たちは義理の娘になります。

一緒に暮らし始めてもう4年になりますから、ずっと一緒にいるような気がしてます。



2013年12月、東京下町にマンションを購入。今の暮らしがスタートしました。

ここは隅田川も近く、東京スカイツリーも身近に見ることができます。

東京駅、日本橋、銀座、浅草……このあたりまでなら自転車で行くことができる立地です。



今年の4月、上の娘は地元の公立小学校に入学しました。

子どもの成長するスピードは速いですね。

最近では生意気になって、パパもいろいろと注意されてますw



奥様も仕事に子育てに頑張ってくれています。

素敵な家族に恵まれて本当に感謝しています。




kazoku1.jpg




Canon vs Nikon

2470.jpg

Canon 70D+EF24-70 f4L



18135.jpg

Canon 70D+EF-S18-135 f3.5-5.6



スマホ撮影のため画質はあまりよくないですが、見た目を撮影してみました。




画像ではよくわからないかもしれませんが、絶対的に24-70の方がカッコいいです。

もちろんカメラやレンズはスタイルよりも性能(画質)だと思いますが、私にとっては性能と同じくらいスタイリングも重要なファクターになります。


私がNikonからCanonに乗り換えた理由の一つが、ボディのスタイリングです。

Nikonで「買いたい」と思わせるのは、D800しかありませんでした。

これは絶対的に欲しくなるスタイリングです。しかし…





高い……高い……高すぎる…

それにフルサイズは私には必要ない…というか、もしD800にするなら、レンズにもこだわる必要がでてきます。残念ですがそこまで余裕はありません。もちろん一桁機…ほしいです…いつかは…でも…

カメラだけにそんなお金はかけられませんし、そのお金があれば家族でハワイに行きますね。

もちろん、宝くじでも当たれば別ですが…w



Canonを選んだ理由…

絶対的にスタイリングです。カメラはもちろんですが、レンズと合わせたスタイリングは、断然Canonです。

ただし、レンズはLレンズという前提ですが…

今回24-70に手を出してしまったのもここに理由があります。



70DのライバルはD7100ということです。画素数も画質もD7100の方が上という評価らしいですが、考えてもみてください。

写真コンテストに出すとか、A3サイズやB倍ポスターを制作するとか、そういう目的があるなら微妙な画質の差も大切ですが、私は基本的にLサイズからLLサイズ程度にしかプリントしません。モニターも15インチ程度です。

例え、画質が言われている通り(本当にそうか疑問だが)D7100が上だとしても、その差がわかるほど差があるわけはありません。

それなら、所有する満足感、撮影する満足感が何より重要だと考えます。

私は「かっこよさ」でCanonを選びました。

ただ、私は変人なので参考にはなりませんが…w

tag : Canon 70D 写真 Lレンズ 24-70

Canon EF24-70 f4L IS USM と EF-S 18-135 3.5-5.6 IS STM

Canon 70Dを購入した際に選んだのは、EF-S 18-135 3.5-5.6 IS STMレンズ。

18-135が決め手だった。

そして先日、悩みに悩んだ末に購入したのが EF24-70 f4L IS USM いわゆるLレンズだ。

悩んだのは、望遠の70-300とどちらを先に購入するか、だ。

現在のレンズを考えれば当然70-300の望遠だろう。

しかし、普段300mmのレンズが必要かどうか、疑問もあった。



一方、24-70は焦点距離がもろに被る。しかし、Lレンズの表現力とマクロ撮影ができる

魅力もあった。なによりも、Lレンズをつけていると恰好がいい。

ほとんどこの理由に尽きるのかもしれない。「カッコよさ」…どんなものを買うときも、私の選ぶ

ポイントでは非常に重要な要素だ。

最終的には使用頻度を考えて、24-70を選択した。




しかし…少し後悔している。

なぜなら、APS-Cカメラで24-70の画角は非常に使いづらい。

特に18-135を使っていたから、ワイド側も望遠側も、思ったとうりにはならない。

もちろん、広角から望遠まで「大三元」や「小三元」で揃えるなら問題ないのかもしれないが、

これ一点だと非常に使いづらいということがわかった。

フルサイズ機なら問題ないのかもしれない。



将来的にフルサイズに移行する予定は…ない。たぶん、ずっとない。

どうやってこの24-70を使い込んでいくのか、少し考えなければならない。

Nikon D200

D200_01


2011年にNikon D200で撮影。

発色といい、天候さえ良ければまったく遜色がないと思います。
惜しいカメラです。


D200_2


写真は「光だ!」ということがよくわかります。

撮影条件が良ければ普通のデジカメだってすばらしい写真が撮れます。


今、最新の70Dで写真を撮っていますが、いまだにD200を超える写真が撮れません。

季節の問題なのか、天候の問題なのか、はたまた気合の問題なのか…

プロフィール

にんざぶろう

Author:にんざぶろう
年齢:アラフィフ
住所:東京下町 名古屋、福岡、札幌に居住経験あり
家族:妻と娘二人、まりん(雌猫、1歳)
趣味:写真、散歩、無駄遣い
仕事:サラリーマン
カメラ:Canon 70D
レンズ:24-70 F4L IS USM
    18-135 F3.5-5.6 IS STM

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。