スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー

tower1
70D+EF24-70 F4L F4





東京の、いえ日本の顔だった東京タワー

スカイツリーの完成以降、その存在が忘れられがちでしたが、

本日、何十年ぶりかにいってきました。



大展望台(150m)と特別展望台(250m)あわせて1420円です。

平日なのでさすがに人は少なく空いていました。

ほとんどがご年配のご夫婦、修学旅行生と外国の方でしたね。



さて、エレベーターでエレベーターガールの案内を聞きながら昇って行ったのですが、

外国の方が多いのだから、せめて英語でガイドすればいいのに…って思いました。

そして大展望台につきました。

スカイツリーはエレベーターを降りた瞬間から、その展望台の広さや高さが一瞬で

目に飛び込んできましたが、ここは…普通にビルの一室から外を見てるような…w




tower2.jpg
大展望台からお台場方面を望む
EF 24-70 F4L


ね、高さが感じられないでしょ?


tower3
特別展望台からお台場方面を望む
EF 24-70 F4L



曇りじゃないのに黄砂の影響か、全体的に霞んでいて色が出ませんね。
あと、ガラス越しなので、もしかしたら紫外線をカットするような加工が
施されているかもしれません。



ここでちょっと試してみました。




tower24
EF24-70 F4L 24mmにて撮影



tower18
EF-S 18-135 f3.5-5.6 18mmにて撮影


同じ位置に立ってNTTドコモビルに焦点を合わせてます。

当然、18mmは窓枠まで写ってますが24mmだと少し物足りない気がします。



tower70
EF 24-70 F4L 70mmにて撮影



tower135
EF-S 18-135 F3.5-5.6 135mmで撮影



同じくNTTドコモビルを撮影しています。

4枚ともF値は8です

画角的にはやはり18-135の使い勝手の良さが目を引きます。

画質的には24-70…といいたいところですが、このような中途半端な天候だと、

どちらで撮っても大した差は感じられません。腕が大したことないこともありますが…



冬の抜けるような青空の下や、鮮やかな花や緑の風景の下ではもしかしたら

違うのかもしれません。

初心者の方にはやはり、私は18-135やタムロンの16-300といった、使い勝手のいい

レンズをお勧めします。




値段相応の働きは、なかなか腕が伴わないと私みたいに違いが感じられない絵に

なってしまいますよ、っていう教訓でした。




もちろん、CanonのLレンズはそれだけでカッコいいですし、所有感が満たされます。

私は服装同様、機能も大事ですがファッション性もかなり重視しますから、やはりLレンズの

魅力には勝てません。

広角の純正が欲しいと思う今日この頃でしたw
スポンサーサイト
プロフィール

にんざぶろう

Author:にんざぶろう
年齢:アラフィフ
住所:東京下町 名古屋、福岡、札幌に居住経験あり
家族:妻と娘二人、まりん(雌猫、1歳)
趣味:写真、散歩、無駄遣い
仕事:サラリーマン
カメラ:Canon 70D
レンズ:24-70 F4L IS USM
    18-135 F3.5-5.6 IS STM

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。